×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コーヒーエネマのキット

コーヒーエネマのキット

慢性便秘で耐える手法には、自宅で行なう腸タイミング清掃で解消するという術もあります。

 

そんなクライアントのために便利なのは、「喫茶店コロン」というキットだ。
こういうキットの条目は、エネマ行動缶コーヒーとコロンキットとなっています。
コロンキットは、コーヒー液を添える紙袋そのもの、絆・紙袋を吊り引き下げるためのS字フック・液おしまいクリップ・エネマパイプ(肛門差し込み界隈)が入っていて、腸心クレンジングのための設備は一部始終揃ってある。

 

こういうキットのやり方は簡単です。
取り敢えず初めに洗腸液を準備します。
キットにあるエネマ専用缶コーヒーに、1リットルから1.2リットルくらいになるまでお湯を付け加えます。
気温を体温クラスに調整して、鞄に注ぎます。
カーテンレールやシャワーフックなどを利用して、脳裏より15センチほど高くなるように、かばんを吊るします。
(この際、キットにある液エンドクリップで縁をはさんでおきます。
また、縁故の先端までコーヒー液で充たされておることを確認してください。)
エネマパイプの縁を3〜4センチ階級を肛門に挿入したら、液おしまいクリップを緩めます。
胴をプレスしないように気をつけていると、1分け前位で洗腸液は大腸内に入っていきます。
投入後は、便意を無理に我慢せず、自然流れで便通ください。

 

エネマパイプのインサートに抵抗があるお客様のために、専用のジェルも販売されています。
また、洗腸液投入後のマッサージは洗腸結末を高めます。
右の掌中を使ってアラーム移りに押してゆきます。
ただし、便意を感じたら我慢せずに、アッという間に排出ください。

 

コーヒーエネマの注意点

 

便秘解消法の仲間として今どき話題になっているのは腸一つ癒というツボだ。

 

腸メンタル浄化とは、肛門から入れたチューブで、温めた殺菌蒸留水やコーヒーを主成分と講じる溶液を腸内に投入することで腸内に溜まった便などの毒を排泄させるというもので、コーヒー液を使った手法が多いのでコーヒーエネマとも呼ばれている。

 

病院やクリニックで行なう他に、最近は市販されているキットを購入しお家などで個人で行なう方も増えていますが、個人で行う場合はその危険性も腹一杯知っておく必要があります。

 

先ず、投入始める溶液に気をつけましょう。
水道水を温めてお手軽に・・・・というのは非常に危険です。
水道水には殺菌のために塩素やカルキなどの有害物質も含まれています。
腸は水分を吸収し易い臓器ですので、塩素などの危険な物体も一緒に吸収してしまうからだ。

 

次に、チューブを挿入するときに腸瞬間の粘膜を傷つけないよう注意しましょう。
最悪の場合は腸バリアに落とし穴が開いてしまうこともあります。
また粘膜を傷つけたことによって腹膜炎等の感染症を起こしてしまったというケースも見られます。

 

また、安易に癒を繰りかえすことによって腸の自律的役目が弱り、自力での便通が困難になって仕舞うという悪影響もあります。

 

腸以内洗顔はもともとは専門のドクターの原料で行なう対応だ。
出荷キットを使い我家などで個人で立ち向かう腸内的洗顔は、全てが自己責任となりますので、どしどし専門医の原料で行うことをお求めします。