×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

便秘と腸内環境

便秘と腸内環境

便秘を解消するには、便意のかさを付け足し柔らかくすることが大切です。
では、便っていったいなにでできているのでしょうか?

 

正常な便は約80百分比が潤いで、残りの約20百分比が固形物だ。
そして、その固形代物の幾分は食材のカスで、もう一度幾分が腸ひとつ雑菌だ。
では、その半数を占めている腸心理バクテリアってなんでしょうか?

 

実は便を育てているのは腸ひとつ微生物だ。
人の腸内には概ね約1000元凶以来、約100兆個もの腸内部バクテリアが存在し、そのばらまきによって腸内環境を影響しています。
そしてその腸折バイ菌のうちの約20%が乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌で、約10%は大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌、居残る70%はどちらにも属さない日和見菌となります。
こういう日和見バイ菌は、善玉バイ菌が優勢な時折善玉バイ菌に、悪玉バイ菌が優勢になれば悪玉バイ菌に加勢するバイ菌だ。

 

健康な人の腸1つは、悪玉桿菌が増大することを善玉桿菌が控えるため、腸1つの釣合を規定に保ってある。
腸内で悪玉菌が増えると、タンパク質やアミノ酸などの分解が伸長され、アンモニアなどの毒が発生します。
これにより腸の実行が低下し便が硬くなり、腸メンタルを移動する時間も長くなってしまい、便秘が起こり易くなります。

 

善玉バイ菌を足し腸内環境を健康的に保つ結果、便秘になりにくい柔らかな便が作られて行くわけです。
乳酸菌やビフィズス菌は、ヨーグルトやチーズなどの乳製品に数多く含まれます。
また味噌やしょうゆ、漬物などの発酵ごちそうはビフィズス桿菌を増やして得る勤めを持っています。
これらの食べ物も積極的に摂取し、腸うちの善玉バイ菌を増やすことで、体内から便秘解消のサポートをください。

 

便秘と善玉黴菌

 

善玉黴菌・悪玉黴菌という会話はおおかた一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。
そうです、腸以下バクテリアの事です。
健康な人の腸間は、約20%の善玉桿菌と約10%の悪玉桿菌、そして残りの70%はどちらの形でも弱い日和見桿菌となっていて、こういう日和見桿菌は、善玉桿菌が優勢の時は善玉桿菌に、悪玉桿菌が優勢となれば悪玉桿菌に上るという形を持っています。
これらの腸内黴菌の割合によって腸内環境も左右されている。

 

では、便の元の約10%はこういう腸内面雑菌だということはご存知でしたか?
腸未満バイキンの善玉菌を増やすことで、便秘になりにくいしなやか便が作られていきます。
また、善玉菌には腸のぜんどう動きそのものを活発にさせる行いもあります。

 

善玉黴菌の筆頭といえば、最もビフィズス黴菌だ。
ビフィズス桿菌はカラダでは作られませんので、料理などから摂りいれなくてはなりません。
ビフィズス菌を大勢含む料理、例えばヨーグルトや乳酸菌飲物を積極的に食べましょう。
また、漬物や味噌・しょうゆなどの醗酵メニューは体内のビフィズスバイ菌を増やして頂ける。
ビフィズス黴菌のえさと達するオリゴも、ビフィズス黴菌に養分を加え繁殖させる力があります。
オリゴはそのままで甘味料としても売られていますが、大豆や玉ねぎ、ゴボウ、ニンニク、コーン、バナナ、また、ハチミツなどのディナーにも含まれています。

 

飯の最後には漬物を食べ、スイーツとしてバナナを入れたりハチミツをかけたりしたヨーグルトを頂く。
それだけでも便秘の解消へ役立ちます。