×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腹式呼吸のすすめ

腹式呼吸のすすめ

「腹式呼吸」というのをご存じですか?
私達は、四六時中意識せずに呼吸しています。
その呼吸を、さっと意識して変えてやれば、便秘の解消を原則、身体の諸変調を改善することにすごく役に立つのです!

 

腹式呼吸は、簡単に腹筋背筋を鍛えてもらえる。
また、自律心を集めることができるのです。
自律地雷の狂乱は、身体のさまざまなことに影響を与えます。
ストレスから崩れることも多くあります。

 

腹式呼吸を行うことにより、便秘の解消、冷え性是正、シェイプアップインパクト、リラクゼーションインパクトなど、計り知れないインパクトを得られます。
ヨガや気功、太極拳などでもブレスは重要視されています。

 

その方法をご紹介します。
腹式呼吸の基本は以内だ。
鼻から息を吸い、おなかをふくらませる。
口から息づかいを吐き、おなかをへこませる。

 

ただ、これだけだ。
誰にでもできる簡単なことです。

 

惜しくも詳しく述べますと、丹田(たんでん)と呼ばれる方策(おへその以下あたりにあり、身体の中心と仰る)を意識して息吹します。
ゆっくりと、大きく息吹行なう。
横隔膜を動かして息吹するのがポイントですが、慣れるまでは分かりにくいかもしれません。

 

まずはお腹をへこませて、息を徹底吐き出すことをやってみてください。
つらくなるまで吐き出すと、身体のほうが勝手に風向きを取りこみます。

 

慣れるに従い、息を吸ったり吐いたりする時に、一瞬息づかいを止めて下さい。
身体中に新鮮な印象が行き渡ったような連想をくださるとベストです。
そして、身体の中の乏しいものを全体吐き出すように息を吐き出して下さい。

 

通常不満がたまってしまっておるやつ、すぐにカッと患うやつ、イライラして仕舞うやつ程度、腹式呼吸を意識的に行ってください。
副交感神経が刺激され、ヒーリング効果が高まり、穏やかな感覚に導いてくれることでしょう。