×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懐妊と便秘

妊娠と便秘

便秘で苦しむ人の約9割はマミーであるといわれていますが、その中には懐妊センターの女性も数多く含まれています。
妊娠を始める前は便秘とはなんにも無縁で過ごしてこられた方も、妊娠がすすむに連れて便秘がひどくなるという場合もあります。
では、何で妊娠内輪は便秘になりやすいのでしょうか?

 

原因はさまざまありますが、女の子ホルモンの一つである黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が、おめでた中間は活発になることが大きな原因の一つに挙げられます。
黄体ホルモン(プロゲステロン)は受精卵が着階層しやすいように子宮未満膜の病状を高める関わりを持っています。
そして懐妊したのちは胎盤から分泌されるようになり、流産しないように子宮筋の収斂を抑制するみたい働きます。
それが腸を切り回す筋肉にも影響を及ぼすため、腸の動向が鈍り、便が出にくい状態にさせてしまう。
また、おめでたがすすむにつれ、胃腸のベビーにあわせてどんどんと大きくなって行く子宮が腸を圧迫することでも、腸の行為が一際鈍くなります。
そうして結果的に便秘になりやすくなる。

 

そのほか、分娩に対する苦しみ等々から現れる内面重圧や、単純な活動欠如も原因になります。

 

おめでたインナーは胴の赤子のためにも、それほど便秘解消の薬などは飲まないようにし、毎日の適度な行動や食事の進展などを図って、乗り切っていきましょう。
朝方、起きてすぐにコップ1杯の水を飲み込むだけでも、腸の動きを活発にしてくれ、通常便意を誘発してもらえる。
また、水気は便そのものを柔らかくすることにもなりますので、行為とはまた異なる箇所で能力を発揮して受け取ることと思います。

 

妊婦が考え込む便秘

 

妊婦氏が便秘に考え込むこともよくあります。
おめでたで「黄体ホルモン」の分泌が盛んになり、それは腸の働きを鈍くさせてしまう。

 

また子宮がだんだんと大きくなって、腸を圧迫するので、排便を阻害することがあります。

 

つわりが重い場合も問題です。
絶えず食べられていたものが食べられなくなったり、おんなじ存在ばかりを待ちわびるようになったり、食事の失調が出てそれが便秘に結びつきます。

 

妊婦様のスポーツ欠落も叫ばれるようになり、最近ではマタニティビクスなども知れ渡るようになりましたが、意識しないでいると健康が重い力不足もあって、普段よりスポーツが不足して、腸のインパクトも鈍くなります。

 

しかし妊婦君が便秘薬を服用するのは、ちょっぴり危険も伴います。
服薬せざるを得ない場合は、本当におドクターさんに確認して、安全な薬を処方してもらってください。
薬舗で出荷薬を購入する場合も、薬剤師に相談して下さい。
漢方薬であっても、必ず専門の人にご要請下さい。

 

つわりがいまひとつすごくなく、何か食べられるようならば、どんどん食物繊維が豊富なカタチや、水気を食するように心掛けてください。
また、軽々しいウォーキングなども意識して行ってください。
ウォーキングは妊婦君の精神面でもまったくすばらしい効果がありますので、どうしても悠然と外部を散歩してください。
お腹の赤ちゃんもほぼ喜びますよ。

 

気をつけていただきたいのは、切迫早産と検査されているお客様。
便所で無理にいきむのは大変危険です。
どうしても苦しくて、早急に便秘を解消目指す場合は、お医者様に相談して下さい。

 

便秘を解消することで、妊婦君の体調だけではなく、乳児の体調にも好影響があります。
赤ちゃんのことを感じ取るのならば、この機会に便秘を解消始める対策を延々と覚えておきましょう。