×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

便秘解消に通じる漢方薬

便秘解消に使われる漢方薬

3日光限り排泄が無いときのことを一般的に便秘といいますが、便秘の事由や症状は、さすが十人十色違っています。
漢方医学では、便秘をやる人の通例やその時の全身スタイル、また、どうして出ないかという事情などを細く考えて、薬を使います。
便秘のヒューマンにとことん通じる漢方薬をご記載ください。

 

1. 三黄散(さんおうさん)
こういう薬には、大黄、黄苓、黄連、という三つの薬が配合されています。
お通じを塗る反響だけでなく、ボディを冷ます表現もあり、赤ら顔やのぼせ、元気中ぶらりんなどにも効きます。
赤ら顔、たえず体が熱っぽい、口が乾き易い、口臭が居残る、おしっこのトーンがくどい、白々しいものをたしなむなどの属性の残る「気力やつ」の人の便秘に使われます。

 

2.桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)
こういう薬のなかの芍薬、甘草、生姜などは腸の行為を正常にしますので、胃腸のない人の便秘に使われます。
また、大黄には下剤としての効果があります。腹部が張って腹痛などを向き合う輩は効果的です。
「寒品」と呼ばれる、右腕が冷えて寒がりの人類、時々腹痛があるが温めると軽くなる、口は乾かない、夜間に頻繁に小便にあるという見た目の人類にしばしば使われます。

 

3.潤腸湯(じゅんちょうとう)
どちらかというとスタミナの薄い人間、体液マテリアルが不足しているお婆さん、顔色がわるい、念頭がぶらぶらするという人の便秘に使われます。こういった病態の人間は「虚やつ」と呼ばれます。

 

4.大黄甘草湯(ですいおうかんぞうとう)
色々な異変が重なり、タイプを上げることが出来ないというお客に幅広く使われます。
体力のある無し等残り細く考えなくてもよいですが、冷え症のクライアントが使うと腹痛を起す場合もありますから注意して下さい。

 

漢方医学

 

一般的には3お天道様以外排泄が弱いときのことを便秘といいますが、便秘のある状況や、便秘の現象は、何しろ十人十色違っています。
欧米医学では、そのトリガーによっては下剤などの薬を用いたりして便通を促すのが通例ですが、漢方医学では、おんなじ便秘でもその人同僚体質や全体ペース、何故便が出ないのか等のトリガーを考えて漢方薬を選んでいきます。

 

漢方で位置付ける便秘の型は大きく分けて3型だ。
1.熱意スタイルの便秘
体が絶えず熱っぽくて赤ら顔、口が乾き易い、口臭が起こる、オシッコの色つやがねちっこい、白々しいものを好む気味の残る人の便秘だ。
こういう品種のそれぞれにはお通じを良くする、三黄散(君おう君)が使われます。
ボディを冷ましたり、のぼせや赤ら顔、心苦痛などにも効果があります。

 

2.寒品種の便秘
腹心が冷えて寒がりの顧客、ちょこちょこ腹痛があるが温めると軽くなる、口は乾かない、夜間に頻繁に小便に起こるという人の便秘だ。
こういう型には体躯をあたためる、桂枝加芍薬薬黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)を使います。

 

3.虚集団の便秘
心境が沈みがちの顧客、体液の元凶が不足するお婆さん、顔色が悪賢い、心中がぶらりするような顧客に多い便秘だ。
こういう系統のヒトには潤腸湯(じゅんちょうとう)を使います。
こういう漢方薬はどちらかというとスタミナのない人様、とくにお婆さんの便秘に一心に使われます。

 

色々な病態が重なり3つのスタイルのいずれにもあてはまらないという個々へは、大黄甘草湯(ですいおうかんぞうとう)が一心に使われますが、冷え性のクライアントはこういう薬で腹痛をはじき出す場合がありますので注意してください。