×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

浣腸は切り札

浣腸は非常手段

便秘の調子が長く貫くと、腸内にたまった便の水分が、そのあいだに腸壁紙からどんどんと把握されてしまい、一層強い便となる。
別途、肛門近くにカチッカチッに固まってしまって、栓をしたような状態になり出口をふさいでしまうこともあります。
そうなってしまうと、とうにいかにいきんでも、ワイルドカードとしての便秘薬(下剤)を使っても便通はできなくなってしまう。
このような時は、浣腸を扱うのが有効です。

 

浣腸は、一般的にはグリセリンを主成分とした液状の薬剤で、これを肛門から投入行なう。
出荷タイプとしても入手出来、イチジク浣腸などが有名です。
容量も10グラムから40グラムまでが販売されており、赤ん坊仕様からアダルト仕様まであります。
便秘解消法としては何より働きが期待され、浣腸液を投入することで腸粘膜が刺激されて、数分で排泄されます。

 

このように浣腸は、便秘をあっという間に解消することができますが、2〜3お日様ぐらいお通じがないからといって、むやみにかけるのはやめましょう。
浣腸を繰り返していると、クセになって浣腸しないことには便通できなくなったり、逆に直腸の粘膜が過敏になって、1日に何度も便所に行かなくてはならなくなったりします。
また、人によっては下痢が続いてしまうことにもなります。

 

便秘解消のためには、まずは腸を刺激するような適度な行動やマッサージ、食物の上達からゼロ、浣腸は便がやっぱり出ないときの決め手とください。

 

浣腸の規則正しいやり方

 

苦しい便秘で苦しくて仕方がない拍子、浣腸に用いるのも一案でしょう。
浣腸とは、浣腸液を腸に直接投入することで、腸の蠕動を促進し、便を軟らかくして放出させる薬だ。
浣腸薬には、グリセリン(液体)を取り入れるグループと、坐薬を頼るグループの2種類があります。

 

ドラッグストアで販売されている薬には、誰でもご自宅で手軽にできる使い捨て浣腸(ディスポーザブル品)があります。
使い捨て浣腸の規則正しい営み人物は、以下のようになります。

 

1、とても、洗面ケース等に人懐っこいお湯を張ります。
お銭湯のお湯ぐらいの気温が良いでしょう。

 

2、浣腸のチューブの部分にワセリン等の潤滑油を塗って下さい。

 

3、寝転がり膝を立て、深呼吸しながら挿入します。

 

4、管の目盛りまで入れて下さい。

 

5、液体をのほほんと投入ください。

 

6、洗い浚い入れ終わったら、管を抜き、肛門をティッシュペーパー等で押さえて下さい。

 

5パイぐらいは専ら我慢して下さい。
直ちに出してしまいますと、浣腸液のみが出てしまいます。
便意が強くなるまで我慢して下さい。

 

また、坐薬集団は、熱多湿を避けて冷暗所で永続ください。
坐薬は、肛門から入れたあと、身体の体温により溶けます。
仮に夏季などに高温多湿の場所に置いておいた状況、元凶が溶けてしまい、薬が変質するケー。

 

どちらの浣腸薬を取り扱うにしても、常用しないように気をつけてください。
常用すると、ご自身で便秘を解消始める勢いがなくなってしまいます。
浣腸薬で一時的に便秘を解消したとしても、再び便秘になってしまうでしょう。
便秘を元から解消するためには、運動療法、食事療法等々をして、身体の内から解決する必要があります。

 

下剤

 

便秘が何日も解消されず、胃腸が張ったり痛くなったり、頭痛や立暗みなどしんどい調子が貫くと、とにかく薬に任せたくなります。
薬といえばアッという間に下剤が思い浮かぶかもしれませんが、下剤にもさまざまな顔ぶれがあり、間違った用法をすると、スタミナが落ちたり、かえって便秘が慣例化したりと悪影響もでてきますので注意が必要です。

 

一般にいう下剤とは、腸の実行を活性化させるため便などの便通を促進させるための薬や、便をやわらかくする薬のことをいいます。便秘のところしばしば使われるので「便秘薬」ともいわれています。
下剤はその作用の強さにより緩下剤(かんげざい)と峻下剤(しゅんげざい)に分類されます。

 

緩下剤(かんげざい)とは行いがそこそこ弱めで、緩やかな下剤のことです。
今日、薬舗などで便秘薬として市販されている下剤や、病棟で処方される下剤の多くはこういう緩下剤になります。
腸のぜんどうエクササイズが低下して生ずる弛緩性の便秘には効果が期待できますが、逆に腸のエクササイズが過敏になり出るけいれん性便秘には使用できない下剤もありますので、安易に判定せず、ドクターや薬剤師などに相談してからの活用をお求めします。

 

峻下剤(しゅんげざい)とは下剤のうちやはり営みが激しい下剤だ。
割にあっという間(2〜6瞬間)で働きが現れますが、下痢や腹痛なども起こしやすくなります。
また、常用によって病みつき性も起き易い下剤ですので、本当に先生や薬剤師に質問のうえ使用しましょう。

 

いずれにせよ、便秘の見た目によって薬の効果は違ってきますので、規則正しい精通を身につけちゃんと使い分けましょう。