×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生理前の便秘

生理前の便秘

便秘に罹るヒトに女性が多い原因のひとつは、淑女ホルモンの均衡の関連だ。
排卵後から月経前までは、「黄体ホルモン」と呼ばれる女ホルモンが数多く分泌されます。
それは、排卵に備えて、湿気を体内にため込んだり、腸の動きを鈍くしたりします。
湿気の乏しい便になるので、便秘に陥る女性が多くいるのです。

 

そこで重要なのは、日頃から下地体温を附けることです。
受胎前の妻などはつけて要る方もいるかもしれませんが、中には自分の月の物の連鎖がわからないような方もいらっしゃいます。
基盤体温をつければ、自分の身体の不整が夫人ホルモンの揺らぎから来ていることも一目瞭然で、それにより意欲の上でも、対策を感じる上でも、非常に重要な基点となります。

 

基本体温は、毎朝寝床にある状態で、おんなじ時間に舌の下で測って下さい。
さまざまな体温計がサロン等で売っております。
タイマーがセットされている代物、グラフを勝手に作成していただける代物、などさまざまです。

 

そして、メンスまん中はあまり凄いエクササイズはせず、リラックスして暮すことが重要なので、メンス以外のところ、ひたすら運動したり便秘解消のコツを押したりください。
また普段から塩の摂りすぎには注意し、暴食を避けてください。
酒類の摂りすぎもよくありません。

 

いつから何時が婦人ホルモンのばらまきの関係で水気欠如に陥りがちになるかを絶えず把握し、その間に意識して水気や食物繊維を大勢組み込む食事を摂って下さい。

 

生理前に、月経前症候群(PMS)になる奴にも有効です。
生理の前には絶えず頭痛、肩凝り、腰痛、頭痛、便秘などに悩まされる側は、今一度ご自分の生理についてグラフを附ける等工夫して、その間に行う事の便覧を作って下さい。

 

それにより生理の辛さが半減し、便秘も解消浴びることとなるでしょう。