×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

便の数値をつける

便の記載を塗る

数日間便が出ない場合、みんなは「なるほど、幾らか便が出ないな。」と軽く考えてもっぱら放置してしまわれる事が多いかもしれません。
何日か経って、改めて便秘になったことに気付き、慌てて下剤を飲んだりする方も多いことでしょう。
しかし下剤というのは何度も呑むのは体によくないということは、自分自身が最高峰感じているのではないでしょうか。

 

便秘というのは、例えば熱が出た、咳が現れる、などといった様相に見比べ、病とみなされるものではないとみんなが思っていらっしゃると思われます。
しかし、正にそうでしょうか?

 

便というのは、夕食のカスであり、体調にとって無用ものが排出されるわけです。
それらの無用ものが、思う存分体内から放出されないで、長くあるわけです。
体というのは、必要のないものを排泄しないことで、ジリジリしたり、足取りが悪くなったりするのです。
なので、便秘になったと感じたら、いえ、少し便が出ていないなと気が付いたら、ご自身で便秘を解消する努力をすることをお勧めします。

 

そこでお勧めのものが、自分自身でデイリー便のシチュエーションを把握するというものだ。
今日はいつ、いつに、どんな便が出たか?
身体の状態はどうにか?
便秘、あるいは下痢であれば、それを解消するためにどんな苦労をしたのか?
効果はあったのか?

 

つまり、「便日誌」を塗り付けるのです!

 

「便日誌」などというと、些か気まずいような気がするかもしれません。
しかし、それをそっと便所のすみにでも置いて、常々登記を塗りつけることが、便秘解消への一番の抜け道なのです。
自分自身で測量をチェックすることにより、今の自分の便のコンディションがいかなるのか解ることができ、さまざまなものを試すうちに、どれが自分に一番合った便秘解消の対策なのかを知れるのです。

 

あなたも今日から、「便ダイアリー」を便所に置いてみませんか?