×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

便秘と夫人ホルモン

便秘とレディースホルモン

便秘で考え込む人の約9割は女と言われていることからもわかるように、便秘は女の目の敵ですね。
でも、なんで便秘が女性に多いかというと、それはマミーホルモンが影響しているからなのです。

 

女房ホルモンは卵巣から分泌されているホルモンで、エストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンと、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの2種目があります。

 

卵胞ホルモン(エストロゲン)はママらしさのためのママホルモンだ。
思春期から分泌体積が多くなり、女性らしきボリュームを作っていきます。
妊娠に備えて子宮の内膜を分厚くしたり、受精卵の着床を促したり決める。
また卵を組み立てるホルモンでもあります。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)は懐妊のためのレディースホルモンだ。
受精卵が着床しやすいように子宮内部膜のグレードを整え、懐妊したのちは、懐妊を維持する職務を持っています。

 

便秘に影響するのは、こういう黄体ホルモン(プロゲステロン)の奴だ。
黄体ホルモンの分泌によって、体内への水気や塩の体得は活発になります。
そのため、大腸の腸ウォールからも盛んに便のモイスチャーが吸収され、便が硬くなってしまい便通しにくい便にしてしまうのです。
黄体ホルモンの分泌が活発になる生理前に便秘になるのはこのためでもあります。

 

このようにマミーホルモンの釣り合いから現れる便秘は病気ではありません。
とも女性には必要なホルモンだ。
しっかりとした精通をもって、便秘解消のための薬などは使わず、活動やマッサージ、食事療法などで乗り切りましょう。